公明党衆議院議員 富田茂之

活動報告

平成30年11月・12月

11月1日 自衛隊記念日レセプション

     
  ↑安倍総理大臣  
 都内で開催された平成30年度自衛隊記念日レセプションに参加をしてまいりました。安倍総理から、日頃から自衛隊を御支援いただいている多くの皆様に感謝の言葉を述べられ、また、今日までの自衛隊の災害救助活動が既に4万回を超えた事や、国内だけではなくアフリカ大陸での貢献活動などで多くの隊員の方々が汗を流している事等を紹介し、今後も自衛隊は国民と世界の期待に応えていく事を確信していると挨拶が述べられました。
     

11月5日 小林鷹之君と明日の日本を語る会

     
  ↑小林鷹之衆議院議員  
 
 千葉市で開催された自民党千葉2区選出 小林鷹之衆議院議員の「明日の日本を語る会」に出席し、激励のご挨拶を述べさせていただきました。

11月7日 中小企業政策研究議員懇話会ヒアリング

     
  ↑TKC全国会坂本孝司会長  
 
 公明党中小企業政策研究議員懇話会は、TKC全国政経研究会の役員の方々にお越しいただき、来年度の予算編成や税制改正に向け、意見・要望を伺いました。
    

11月7日 全国ハイヤー・タクシー事業者大会 懇親会 仙台市

       
 全国ハイヤータクシー連合会川鍋会長(右)と宮城県タクシー協会佐々木会長(左)と    ↑伊達武将隊の方々と
 
 仙台市内のホテルで開催された第58回全国ハイヤー・タクジー事業者大会の懇親会に出席し、公明党ハイヤー・タクシー振興議員懇話会会長として、ご挨拶をさせていただきました。
 
 週刊交通界21  11月12日号掲載記事
    
 

11月8日 全国中小企業団体中央会 ヒアリング

     
   ↑大村巧作会長(中央) 平栄三税制専門委員会委員長(右から二人目)
 
 議員会館内で政策要望懇談会を開催し、全国中小企業団体中央会の大村巧作会長、平栄三税制専門委員会委員長(千葉県中小企業団体中央会会長)高橋晴樹専務理事、及川勝事務局次長から来年度の予算編成等について意見を伺いました。大村会長から、来年の消費税率引き上げに伴い、地域の実情に配慮した消費喚起対策等についての要請が行われました。
    

11月10日 東京台湾商工会 創立四十周年記念大会

     
↑ 駐日台北経済文化代表処・郭副代表 陳慶仰 会長
 
 都内で開催された東京台湾商工会創立四十周年記念大会懇親会に参加をさせていただきました。
     

11月11日 松戸市議会議員選挙第一声 しのだ哲也候補

     
しのだ哲也候補
 
 任期満了に伴い行われる松戸市議会議員選挙が11日に告示され、公明党新人 しのだ哲也候補の第一声にかけつけ、激励の言葉を述べさせていただきました。松戸市議選は定数44名に対し59名が立候補し、その内新人候補は19名。激戦の中、公明党候補10名も教育や福祉の充実などを訴えかけました。

 松戸市議選は、18日に投開票され公明党候補10名全員当選、しのだ哲也候補も2423票を獲得し、当選をさせていただきました。力強いご支援をいただきました支持者の皆様に心より御礼を申し上げます。
     

11月12日 日本弁護士政治連盟千葉支部 講演会

     
 ↑千葉弁政連・佐野善房支部長
 
 日本弁護士政治連盟千葉支部主催の勉強会で、約1時間の国政報告をさせていただきました。
 内容は、昨年と今年の国会報告を中心に、教育関係では、給付型奨学金の創立までの道のり、2018年度補正予算案に緊急対策として盛り込まれた自治体による公立小・中学校へのエアコン設置やブロック塀の倒壊防止対策、夜間中学の設置促進が盛り込まれた教育機会確保法成立までの取り組み等の話をさせていただきました。
また、日本でも次世代の再生可能エネルギーとして注目されている地熱発電、洋上風力の諸外国の先進事例の視察報告等の話もさせていただきました。
 その後の質疑応答では、出席された弁護士の方々と奨学金や風力発電の話題で活発に意見交換をさせていただきました。
     

11月13日 全国ハイヤー・タクシー連合会 ヒアリング

     
 ↑坂本克己最高顧問
 
 公明党ハイヤー・タクシー振興議員懇話会は全国ハイヤー・タクシー連合会(全タク連)の坂本克己最高顧問他役員の方々から、自動車関係諸説の簡素化・負担軽減措置などで要望を受けました。
     

11月13日 宮本泰介市長と習志野市政の明日を語る集い

     
↑宮本泰介習志野市長
 
 宮本泰介市長と習志野市政の明日を語る集いに出席し、ご挨拶をさせていただきました。大勢の方々が参加をされ、会場内は大変な熱気であふれていました。
     

11月15日 北前船寄港地フォーラム in 尾道 「復興の夕べ」

     
  岡崎彬・岡山商工会議所会頭
     
↑倉敷商業高校書道部パフォーマンス    
 
 第26回北前船寄港地フォーラムが16~17日広島県尾道市で開催されるのに先立ち、15日西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県倉敷市に関係者約190名が集まり開催された「西日本豪雨災害復興の夕べ」に参加をしてまいりました。
 参加者全員で豪雨の犠牲者に黙とうがささげられ、次に関係者の挨拶の後、富田も国会議員を代表し激励の挨拶を述べさせていただきました。その他応援メッセージの披露や支援品の贈呈などが行われ、出席者全員で倉敷市の復興に向けて力を合わせていくことが誓われました。   

 北前船寄港地フォーラムin尾道 チラシ  

11月16日 台湾政府 大陸委員会副主任委員・季麗珍氏 来日懇談会

     
↑前列右 李麗珍氏
 
  台湾政府大陸委員会副主任委員(副大臣)李麗珍氏が東京大学での講演の依頼で来日されました。
  李麗珍氏が16日議員会館をご来訪され、先の国慶双十節祝賀会に参加した日華議員懇談会のメンバーと親しく懇談されました。
     

11月21日 千葉税政連役員の先生方との懇親会

     
↑千葉税政連・藤森強会長
 
  千葉市内で開かれた千葉県税理士政治連盟役員の先生方との懇親会に出席させていただきました。
10月30日に国会内で行われた税政連陳情活動の話題など活発な意見交換が行われました。
     

11月22日 内田えつし浦安市長と浦安市の未来を語る会

     
↑内田えつし浦安市長 平木大作参議院議員
 
  浦安市内のホテルで開催された内田えつし浦安市長と浦安市の未来を語る会に平木大作参議院議員と参加をさせていただきました。
 浦安市の担い手は市民であるとの考えのもと、「継続」と「刷新」をテーマに公務に取り組んでおられる内田市長に激励の言葉を述べさせていただきました。
     

11月25日 オレンジリボン街頭演説会 千葉市花見川区

     
平木大作参議院議員   ↑田村耕作県議会議員 ↑ 藤川浩子女性局長
     
     
 千葉市花見川区・中央公園で行われた公明党千葉県本部主催・オレンジリボン街頭演説会に平木大作参議院議員・田村耕作県議会議員と参加をしてまいりました。
 オレンジリボンは「子ども虐待防止」活動の象徴であり、毎年11月の児童虐待防止推進月間に合わせて公明党は全国で街頭演説会を行い、児童虐待の対策充実に取り組む考えを訴え続けています。
 富田は昨年児童相談所が対応した虐待件数が過去最多となった事をあげ、児童相談所と警察間の情報共有の強化が必要だと述べ、公明党も地方議員と国会議員のネットワークを生かし、子どもたちを虐待から守る体制を築いていく事を誓いました。
       

11月28日 衆議院経済産業委員会質疑

     
↑世耕弘成経産大臣
 
  衆議院経済産業委員会で経済産業の基本施策に関する件で質疑が行われ、洋上風力発電について以下の内容で質問を行いました。
 
1. オランダにおける洋上風力発電に関する法律的な枠組みについて
2. 洋上風力サイトの指定・ゾーニング(海域設定)標準化について 
3. 送電網への接続補償について 
4. ミドルグルンデン洋上風力発電パーク視察を参考に日本での商業用風力発電の開発も風車の巨大化を見通した計画策定が必要では? 
5. 海域利用促進法制定に係るKPIとして2017年促進区域数は0区域であるが2030年度は地域・関係者の理解のもと5区域と理解してよいか?
6. 新法の成立施行をにらんで大規模計画が立ち上がっている(資料1)。新法の制定による5区域1000万Kwという政府目標は低すぎて、さらに高い目標設定が洋上風力発電の促進には必要なのではないか。
7. 新法第27条に「国土交通大臣は海洋再生可能エネルギー発電設備に~」の規定が追加された趣旨は?
8. 10月19日千葉県銚子沖洋上風力発電視察の報告とその成果は?(資料2~4
 
 2018.11.29 公明新聞記事   千葉日報記事

 会議録はこちら(速報版)をご覧ください。

12月2日 習志野市 市民総合体育大会 空手道競技開会式

     
 
  第52回習志野市 市民総合体育大会 空手道競技の開会式に出席し、参加をされた選手の皆様へ激励の言葉を述べさせていただきました。今年の大会も、形競技442名、組手競技441名と多くの選手が参加をされ、会場内は大変な熱気であふれていました。
     

12月3日 第2次補正予算案 重点政策への予算確保を求める要望

     
 
  政府が12月中に編成する今年度第2次補正予算案について、石田祝稔政務調査会長らと首相官邸を訪れ菅義偉官房長官に安倍晋三首相宛ての要望書を提出しました。
 内容は、第2次補正予算案について、命を守るインフラの整備など防災・減災対策、中小企業・小規模事業者への支援など79項目にわたる重点政策への予算確保を求めるもので、政府として、是非とも努力していただきたいと石田会長から菅官房長官に強く要望しました。

 公明新聞記事
     

12月5日 超党派スポーツ議員連盟 スポーツ庁長官、文科相に提言

     
↑鈴木大地スポーツ庁長官 ↑スポーツ庁にて ↑柴山昌彦文科相
 
  11月30日、超党派のスポーツ議員連盟プロジェクトチームはスポーツ界の度重なる不祥事の再発防止策について提言をまとめました。→ (提言書)
 新たに設けられた「スポーツ政策推進に関する円卓会議」(仮称)は、スポーツ界の各競技団体の運営を健全に保つため、国(スポーツ庁、日本振興スポーツセンター)が、日本オリンピック委員会や日本スポーツ協会などの統括団体に問題がある場合に改善を求めるなど、一定の関与ができる仕組みとなっています。→ (円卓会議)

 12月5日に議連は、スポーツ庁と文部科学省を訪れ、鈴木大地スポーツ庁長官と、柴山昌彦文科相に、提言書を手渡しました。スポーツ庁では作業部会を設置し、今月中に今後の見通しをまとめる方向となっています。
     

12月6日 全日本トラック事業政治連盟 冬季懇親パーティー

     
     
 山口代表、衆・参議員らと都内で開催された全日本トラック事業政治連盟の冬季懇親パーティーに出席し、全日本トラック事業政治連盟の小幡鋹伸会長(中央)に、国内の重要な物流を担うトラック事業者の皆様の声に耳を傾け、今後も応援させていただきますと伝えました。 
     

12月7日 原子力問題調査特別委員会 参考人質疑

     
 ↑黒川 清会員  ↑石橋 哲会員  ↑鈴木 達治郎会員
   
 衆議院原子力問題調査特別委員会は、「アドバイザリー・ボード」(外部の有識者が専門的見地から助言を行う常設機関)の会員をお招きし、参考人質疑を行いました。
 
お招きしたアドバイザリー・ボード会員の皆様
アドバイザリー・ボード会長
政策研究大学院大学名誉教授 
黒川 清様 
政策研究大学院大学客員研究員  石橋 哲様 
長崎大学核兵器廃絶研究センター長・教授  鈴木 達治郎様 
拓殖大学政経学部准教授  益田 直子様 

 会員の先生方から、それぞれ意見陳述を行っていただき、その後各議員の質問に対し、見解を述べられました。
 富田は、昨年夏に視察した米国・ザイオン原発の使用済燃料の保管方法を紹介し、今後日本でも進めていかなければならない廃止措置について、鈴木会員の意見を求めました。
 また、日本でなかなか進まない最終処分場について、国民の理解を得て、進展させていくためにどのようにしたらよいか黒川会員、石橋会員のアドバイスを求めました。

 質疑の詳細は後日掲載させていただきます。
     

12月7日 八千代市・オカムラホーム謝恩忘年会

     
     
 富田の法律事務所の顧問先の八千代市・オカムラホームさんの忘年会にお招きをいただき、参加をされた大勢の皆様にご挨拶と様々なお話しをさせていただきました。
     

12月9日 香取市議会議員選挙 辻たつひろ候補 第一声

     
 ↑辻たつひろ候補    

 任期満了に伴う香取市議会議員選挙が9日告示され、公明党新人・辻たつひろ候補の第一声に駆け付け、激励の言葉を述べさせていただきました。
 香取市議選は、定数を4名上回る26名が立候補する激戦となり、各陣営が必死の訴えを繰り広げました。
 辻候補も豊富な社会経験を生かし、福祉の充実と、安心・安全に暮らし、教育と文化を大切するまちづくりを目指していくことを訴えました。

 香取市議選は、16日に投開票が行われ、公明党は3308票を獲得し、田代一男候補、辻たつひろ候補ともに当選させていただきました。力強いご支援をいただきました支持者の皆様に心より御礼を申し上げます。
     

12月9日 我孫子市・ほしの順一郎後援会 決起大会

     
     
 我孫子市内で行われた「ほしの順一郎後援会」決起大会に出席し、ご挨拶をさせていただきました。
     

12月11日 石井国交相にUR住宅の支援策拡充の要望

     
     
 公明党UR住宅等の居住の安定等推進委員会と国土交通部会は国交省を訪れ、石井啓一国土交通大臣に、URの高齢者向け住宅の充実や、修繕の居住者負担の軽減等について要望しました。
 石井国交相から、要望の実現に向け取り組んでいくとの回答がありました。

 2018年12月11日・要望書
     

12月12日 UR都市機構・千葉幸町団地 視察

     
     
     
     
 公明党UR住宅等の居住の安定等推進委員会は、千葉市美浜区のUR都市機構・千葉幸町団地を訪問し、高齢者・子育て世帯等に配慮したまちづくりの先進事例を視察しました。
 視察には、太田昭宏 全国議員団会議議長(UR委員会顧問)、中野洋昌衆議院議員、角田秀穂 公明党千葉県本部副代表、横山秀明、田村耕作県議会議員らが参加しました。
 幸町団地は、昭和44年に建設され、賃貸4287戸、分譲1240戸、合計5527戸の大規模な住宅団地で、40万平方メートル弱の広大な敷地内には公園などの緑地が多く造られています。
 最近では入居者の高齢化が進む中、UR都市機構が、幅広い世代に居住してもらおうと、子育て世代向けにリノベーションを行ったり、また2013年12月に特別養護老人ホーム、2014年から地域医療福祉拠点と位置付け4月に医療サービス付高齢者向け住宅を新設するなど、積極的な取組みが行われています。
 一行は、団地センターエリアの除去跡地に建設された特別養護老人ホーム「しょうじゅ美浜」を視察し、北原由美施設長と、意見交換を行いました。北原施設長の「満床の利用状況で、住民に大変喜ばれている」との説明を受け、視察団一行は、居住する高齢者の方々にとって安心感につながる、医療福祉施設は非常に重要で、こうした取組みを行っているUR都市機構を今後も後押ししていく事を伝えました。

 千葉幸町団地自治会ニュース
     

12月16日 小泉一成 成田市長選 出陣式

     
     
 16日、成田市長選挙が告示され、成田市土屋の小泉一成後援会事務所で行われた出陣式にかけつけ、お集まりいただいた約350名の支持者の皆様の前で激励の挨拶をさせていただきました。
 
 成田市長選挙は、無投票で同日午後5時に小泉一成氏の当選が決まりました。
     

12月18日 岩田としお 東庄町長選 出陣式

     
     
 
 任期満了に伴う東庄町長選挙が18日に告示され、無所属で現職の岩田利雄氏の出陣式に出席し、応援の言葉を述べさせていただきました。

 東庄町長選挙は、前回に続き無投票となり、岩田利雄氏の7選が決まりました。 
     

12月19日 健全な葬祭業支援議員懇話会 設立総会

     
 ↑全葬連 石井時明会長 ↑石田祝稔 懇話会顧問  
     
  約2兆円の市場規模の葬祭業。事業者数は8550。うち従業員が9名以下の事業者が6割で、中小と大手との企業間格差が拡大し、二極分化が進行しているといわれています。
 このような中、全日本葬祭業協同組合連合会は、葬祭業の地位の向上、競争力強化による経営の安定、葬祭文化の発展を旗印に、葬祭業のネットワークとして努力を重ねてこられましたが、団体に未加入の事業者も多く、現在、様々な消費者トラブルが発生していると指摘されています。
 全葬連の健全な発展を支援するために、公明党は議員懇話会を設置し、その設立総会を開きました。
 全葬連の石井時明会長から、業界の現状と、様々な問題点について説明を受けた後 質疑応答が行われ、富田も議員懇話会会長として、葬祭業界の健全な発展のために、全葬連とともに課題に取り組んでいく考えを伝えました。