公明党衆議院議員 富田茂之

HOME>新着情報新着情報

4月24日 経済産業委員会 参考人質疑

   ↑栗原敏郎 参考人  ↑千葉哲美 参考人
古賀茂明 参考人   ↑高井章光 参考人  
 
 衆議院経済産業委員会で、中小企業の事業活動の継続に資するための中小企業等経営強化法等の一部を改正する法律案で参考人に対する質疑が行われ、富田も以下の内容で参考人の方々から意見を伺いました。
 
 帝国データバンク千葉支店の千葉県内の休廃業・解散動向調査で、2018年に休廃業した企業が826件に上り、倒産件数254件の約3.3倍となり、このまま放置すると千葉県内では約9500億円の多大な損失が生じ、それにより約16万人の雇用がなくなるという数字が出されている。
 税制改正により、新しい制度に取り組んでいる中小企業が増え、さらに個人事業主の事業承継税制が組み込まれたことにより、どう事業承継が進んでいくのか。また今回の仕組みに加えていいアイディアがあればお伺いしたい。
 
 質疑の詳細は後日掲載させていただきます。
 

4月24日 全国社会保険労務士政連会報 掲載記事

←クリックしてご覧ください。
 
 全国社会保険労務士政治連盟会報「全国政連 NO.55」に、「社労士会労働紛争解決センターの業域拡充等、社労士制度発展に向け連携強化」の記事を掲載していただきました。
  

4月22日 統一地方選挙 後半戦を終えて ご挨拶

全員当選を果たした習志野市議選5氏と
 
 第19回統一地方選挙の後半戦では、前半戦以上に僅差で勝敗が決まるため、各党、候補者の激しい票の争奪戦となり厳しい戦いを強いられましたが、公明党千葉県本部は、一般市議会15選挙区61名、町議会3選挙区3名全員当選、完勝する事ができました。
 党員、支持者の皆様の真心からの御支援に心より感謝とお礼を申し上げます。
 
 皆様から寄せられましたご期待にお応えできますよう、選挙戦でお約束した政策の実現に全力で取り組んでまいりますので、引き続き御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 
                        公明党千葉県本部代表・衆議院議員 富田茂之
    

4月20日 鎌ヶ谷市議選 こやす・やざき候補 習志野市議選 木村・ふせ候補

こやす和彦候補
 
やざき悟候補     
     
 ↑木村たかひろ候補    
     
 ↑ふせこういち候補    
  
 激戦突破へ走り回る鎌ヶ谷市・やざき悟候補、習志野市・木村たかひろ候補、ふせこういち候補の街頭演説に駆け付け、「あと1票」の執念の拡大が全員当選へとつながり、市区町村、県会、国会議員が連携して政策を実現していく力になると強調。皆様に力強い支援を呼びかけました。
     

4月19日 習志野市議選 ふせこういち候補 船橋市議選 さくらい信明候補

ふせこういち候補
さくらい信明候補     
  
 習志野市議選3期めに挑戦する ふせこういち候補、船橋市議選2期めに挑戦のさくらい信明候補の街頭演説で、二人がそれぞれ取り組んできた高齢者支援、子育て支援、町の安全対策の実績をあげ、もう一押しの執念の押し上げをお願いさせていただきました。
    

4月18日 浦安市議選 いちせ健二候補 上野けんいち候補 街頭演説会

いちせ健二候補
   
上野けんいち候補     
  
 逆転勝利へ向け闘う浦安市・いちせ健二候補、上野けんいち候補(新人)の街頭演説に駆け付け、国と地方のパイプを生かし、着実に政策を実現してきたのが公明党だと訴え、また、さらなる浦安市発展のために公明浦安市議候補全員を当選させて下さいと呼び掛けました。
    

4月17日 浦安市議選 中村りか子候補 上野けんいち候補 街頭演説会

中村りか子候補
     
上野けんいち候補     
  
 浦安市・中村りか子候補、上野けんいち候補(新人)の街頭演説に参加。浦安市議会議員選挙は定数21名に対し26名が立候補する激戦区。有権者数も前回より1万人以上増え、無党派層が広がっています。
 浦安市議会公明党は、麻しん風疹ワクチンの助成やインフルエンザワクチンの18歳までの2000円助成を実現。街の安心安全を守る対策として、市の所有する車両にドライブレコーダーを設置。市民生活を更に便利にと、おさんぽバス3号路線を実現し、乗り継ぎ割引、福祉バス券のおさんぽバス利用を実現など、着実に市民に寄り添った政策を実現してきました。
 中村、上野候補の他、いちせ健二候補の3名が立候補した浦安市議会公明党。3名必勝へ向け、全力で走りぬく決意を誓いました。
 
  ↓4月17日公明新聞記事 浦安

      

4月15日 鎌ヶ谷市議選候補  街頭演説会

 
 ↑やざき悟 候補    
 
 ↑いふく幸一 候補    
 
 ↑こやす和彦 候補    
鈴木てつや 候補
  
 鎌ヶ谷市議会議員選挙に挑戦する、やざき悟候補、いふく幸一候補(新人)、こやす和彦候補、鈴木てつや候補(新人)の応援に駆け付け、絶大な支援を呼びかけました。
 鎌ヶ谷市議選は、定数24名に対し、29名が立候補する大混戦となっています。公明党からは上記4名と富田のぶえ候補(新人)の計5名(現職2名、新人3名)が挑戦します。
 市議会公明党は、市民にとって最も身近な公共施設である道路の安全対策として、グリーンベルトなどのカラー舗装、注意喚起看板の設置や路面標示、ゾーン30の整備や子ども見守りカメラの設置など、市民の安全を守る対策を積極的に推進してきました。
 街頭演説で、安全・安心のまちづくりを積極的に推進していくために、皆様の力強い押し上げで5名全員を当選させて下さいと訴えさせていただきました。

  ↓4月17日公明新聞記事 鎌ヶ谷
    

4月14日 習志野市議選 まふね和子候補 清水せいいち候補 街頭演説会

 
まふね和子候補街頭演説会 清水せいいち候補街頭演説会
  
 習志野市議会議員選挙、まふね和子候補、清水せいいち候補の街頭演説会に参加。4期めに挑戦のまふね候補、3期めに挑戦する清水候補が習志野市の医療、高齢者対策、子育て支援、町づくりに積極的に取り組んできた実績を力説し、地方議員と国会議員のネットワーク力をさらに生かすために、全員当選に向け、絶大な支援を訴えさせていただきました。
 ↓4月17日公明新聞記事 習志野

      

4月14日 習志野市学童保育連絡協議会 定期総会

 
  
 第43回 習志野市学童保育連絡協議会 定期総会に出席し、ご挨拶をさせていただきました。
  

4月14日 市川市議選 小山田なおと候補 第一声

   
小山田なおと候補
  
 市川市議会議員選挙に初挑戦の小山田なおと候補の第一声に駆け付け、お集まりいただいた皆様へ
力強い支援を呼びかけさせていただきました。
 小山田候補は、大勝利に向けて全力で走りぬく決意を力強く訴えました。
     

4月14日 習志野市長選挙 宮本泰介候補 出陣式

 
宮本泰介候補
 
 統一地方選挙後半戦がスタートし、習志野市長選挙3期めに挑戦の宮本泰介候補の応援に駆け付けました。
習志野市長選は、宮本泰介候補(自民・公明推薦)と、新人で元市議との一騎打ちとなり、宮本候補は、教育・子育て、福祉など行政への取組みの実績を語り、3期めに向けて力強く決意を表明しました。      

4月12日 経済産業委員会 質疑

↑世耕弘成 経産大臣 ↑宗像直子 特許庁長官 門田友昌 最高裁事務総局行政局長
   
     
  衆議院経済産業議員会で、特許法等の一部を改正する法律案の質疑が行われ、以下の内容で質問しました。 
1 特許権の侵害訴訟 証拠収集手続きの強化について 
2 損害賠償額算定方法の見直しについて 
3 中小・ベンチャー企業のイノベーション促進に向けた施策について 

 質疑の詳細は後日掲載いたします。
     

4月9日 教育改革推進本部 「外国籍の子に進学の支援」 識者講演

     
  公明党教育改革推進本部は、弘前大学教職大学院・吉田美穂准教授を講師にお招きし、親が外国籍の子などの「外国につながる子ども」の進学について講演していただきました。
 吉田准教授は外国につながる子どもについて、言葉や経済的理由で、高校進学率が低くなっている現状をあげ、現在の日本社会では貧困につながってしまう事を指摘。行政と民間団体の協力で支援を進めるなど、具体的な自治体の取り組みを紹介し、対応策について話しをされました。     

4月8日 統一地方選挙 前半戦を終えて ご挨拶

田村こうさく事務所にて
 
 

統一地方選挙の前半戦が終了し、千葉県議会議員選挙8名、千葉市議会議員選挙8名 全員当選を勝ち取ることができました。

 党員・支持者の皆様の真心からの御支援に心より感謝申し上げます。

 統一地方選挙後半戦も、県下64名の候補者全員の当選を目指して、千葉県本部一丸となって戦ってまいりますので、より一層のご支援をよろしくお願いいたします。
      
          公明党千葉県本部代表・
衆議院議員 富田茂之


 
4月8日千葉日報記事    ↓4月9日公明新聞記事  4月9日千葉日報記事  4月11日千葉日報記事 
   

       

4月6日 近藤ちず子候補 田村こうさく候補 横山ひであき候補 街頭演説会

近藤ちず子候補    
 
田村こうさく候補     
 
横山ひであき候補     
 
 千葉市緑区・近藤ちず子候補、花見川区・田村こうさく候補、八千代市・横山ひであき候補の、これまでの数々の実績を訴え、何としても勝たせてほしいと、執念の追い上げによる必勝をお願いさせていただきました。
    

4月4日 松戸・ふじい弘之、秋林たかし 八千代・横山ひであき 街頭演説会

ふじい弘之候補    
   
秋林たかし候補     
   
横山ひであき候補     
 
 松戸市、二ツ木公園、小金原でふじい弘之候補の街頭演説に、その後、馬橋で2カ所秋林たかし候補の応援に行き、逆転勝利に向け、もう一押しのご支援を訴えました。
 
 19時から、八千代中央駅前で横山ひであき候補と、最後の最後まで走りぬいていくと決意を述べ、勝利へ向けて執念の押し上げを訴えさせていただきました。
 
 ↓4月5日公明新聞記事
  

4月3日 千葉市花見川区 田村こうさく候補 街頭演説会

 ↑田村こうさく候補    
 
 19時から花見川区幕張本郷で行われた田村こうさく街頭演説会で、逆転勝利への絶大な支援を呼びかけました。現在、立憲元、共産現と、田村こうさくの攻防が激化、混戦突破のため、新たな1票を積み上げる大攻勢を訴えました。  

4月1日 千葉市花見川区 田村こうさく候補 かわぎし俊洋候補 街頭演説会

 ↑田村こうさく候補  ↑かわぎし俊洋候補  
 
 18時半~新検見川駅南口ロータリーで、花見川区・田村こうさく候補(県議選)、かわぎし俊洋候補(千葉市議選)の街頭演説会に駆けつけ、帰宅途中の皆様に公明党の実績である教育無償化、子育て支援等を紹介し、一人ひとりの声に耳を傾け、確実に政策につなげていけるのが公明党だと力説し、選挙戦を全力で走りぬく決意を表明しました。

 ↓4月3日付公明新聞 千葉市花見川区・八千代市・千葉市緑区 情勢
    ←クリックすると内容をご覧いただけます。
  

4月1日 千葉市緑区 近藤ちず子候補 街頭演説会

 ↑近藤ちず子候補    
 
 千葉市緑区おゆみ野で開催された近藤ちず子候補(千葉市議選)の街頭演説会で、6期目に新たな気持ちで挑戦する近藤候補の実績を紹介し、他陣営を圧するためには、猛拡大が必要不可欠と、訴えさせていただきました。  

4月1日 千葉市中央区 酒井伸二候補 街頭演説会

 ↑酒井伸二候補    
   

 千葉市中央区今井町で行われた酒井伸二候補(千葉市議選)の街頭演説会に参加。お集まりいただいた皆様に、政策実現のためには公明党のネットワーク力が必要不可欠だと訴え、もう一押しの力強い支援をお願いさせていただきました。 

3月31日 松戸市 秋林たかし候補 街頭演説会

↑秋林たかし候補
     
 秋林たかし候補(県議選)と、松戸駅前で街頭演説会を行い、大勢の方々に支援を呼びかけました。
秋林候補は、国と地方のネットワークを生かした「松戸駅バリアフリー化」について報告し、これからもネットワーク力を生かした政策の実現に全力を注いでいくと決意を述べました。 

↓写真をクリックすると映像をご覧いただけます。 
 秋林たかし街頭演説

3月29日 八千代市 横山ひであき候補 第一声

横山ひであき候補
     
  統一地方選挙前半戦の県議会議員選挙と千葉市議会議員選挙が告示され、4月7日の投開票日に向けてスタートしました。
 花見川区・田村こうさく候補(県議選)、かわぎし俊洋候補(千葉市議選)、八千代市・横山ひであき候補(県議選)の第一声にかけつけ、「国・地方のネットワークを生かし、地域の声を政治に反映できるのは公明党だけ。前回県議選で8議席を獲得し、全ての常任委員会で議席を得て、県民の相談すべてに対応できるようになった。全員当選を必ず勝ち取る」と、絶大な支援を呼びかけました。 

↓写真をクリックすると映像をご覧いただけます。 
     
横山ひであき第一声   富田茂之応援演説


3月29日 花見川区 田村こうさく候補 かわぎし俊洋候補 第一声

田村こうさく候補 かわぎし俊洋候補
 
     
 県議選 花見川区情勢(3月26日公明新聞より)
 自民現、立憲元は優勢。残る1をめぐり、公明現の田村こうさくと、共産現が当落線上で激しく競り合うも、このままでは共産現の勢いに田村が押し出されかねない。この劣勢をハネ返すには、全人脈への総当たりが不可欠。
 
 ↓写真をクリックすると映像をご覧いただけます。 
         
かわぎし俊洋第一声   田村こうさく第一声   富田茂之応援演説


3月28日 原子力問題調査特別委員会 質疑

東京電力 守谷誠二副社長
     
 衆議院原子力問題調査特別委員会で原子力問題に関する質疑が行われ以下の内容で質問をしました。
  
1 原発支援へ補助制度案について(資源エネルギー庁)   
2 2019.2.13 福島第一原子力発電所2号機原子炉格納容器内部調査について(東京電力)  資料
3 汚染水の処分方法について(資源エネルギー庁)   
 
 質疑の詳細はこちらをご覧ください。
 

3月24日 八千代市 横山ひであき事務所開き

横山ひであき県議会議員
   
     
 八千代市内で県議選予定候補 横山ひであき県議会議員の事務所開きが行われ、服部友則八千代市長、豊田俊郎自民党参議院議員、小林鷹之自民党衆議院議員他多数のご来賓、支持者の方々がお集まり下さり、皆様から力強い激励の言葉を頂戴いたしました。

 横山ひであき県議は厳しい選挙戦を全力で戦い抜くと決意を表明し、支援を呼びかけました。
 

3月23日 松戸市 ふじい弘之県議会議員 街頭演説会

ふじい弘之県議会議員
   
     
 松戸市・小金原団地と五香駅前で行われた街頭演説会に、ふじい弘之県議(県議選予定候補・松戸市)と参加。昨日の春の陽気から一転、寒の戻りで2月並の寒さの中、たくさんの方々にお集まりいただきました。
 松戸選挙区は、7議席をめぐり、現職6名、元議員1名、新人1名の計8名が争う激戦区。ふじい弘之、秋林たかし両名が混戦突破するには爆発的な拡大が必要とされています。厳しい戦いの中、公明勝利にむけて、絶大な支援を訴えました。 
↓写真をクリックすると映像をご覧いただけます。 
 
 ふじい弘之街頭演説

 

3月21日 千葉市花見川区 田村こうさく県議会議員 街頭演説会  

田村こうさく県議会議員
 
 3月29日告示、4月7日投開票の県議選予定候補 田村こうさく県議会議員(千葉市花見川区)の街頭演説会がイトーヨーカドー幕張店前で行われ、田村議員とともにお集まりいただいた方々へ公明党への絶大な支援を呼びかけました。

↓写真をクリックすると映像をご覧いただけます。 
       
 田村こうさく街頭演説      富田茂之街頭演説

3月13日 経済産業委員会 質疑

中小企業庁・安藤久佳長官 世耕弘成・経産大臣
 
 ↑省エネルギー・新エネルギー 松山泰浩部長    
 
 衆議院経済産業委員会で質疑が行われ、以下の内容について質問を行いました。
1 中小企業・小規模事業の事業承継支援について
  経営者の高齢化や人手不足などで企業経営を取り巻く環境は厳しさを増している。昨年の税制改正で、後継者への事業承継を促進するため行った制度改正により、事業承継はどの程度促されたか。
  同様の仕組みを個人事業主にも拡大するための法案が衆議院で可決し参議院で審議が予定されているが、どの程度事業承継を促進すると予想されるか。
  膨大な後継者不在企業への支援は、待ったなしの状態であり、支援に取り組む専門家の人材層の拡大が急務といわれている。中小企業庁はこの点につき、どのように取り組んでいくのか。
  事業承継に関する悩みを受け、みずほ銀行が行った手法を取り入れたい地方銀行からの問い合わせが相次いでいるという。中小企業庁として、このような承継方法への支援を検討できないか。
2 再エネ海域利用法に基づく公募による事業者選定について
  経産省の洋上風力促進ワーキンググループと国交省の洋上風力促進小委員会の合同会議で、公募による事業者選定について議論が進んでいる。今後の事業者選定の流れはどうなっているのか。
  合同会議に日本風力発電協会から要望が出されている。私が昨年視察した欧州でも、政府が中期的な公募に関するスケジュール及び規模を策定し、事前に公表することで成功を収めている。
我が国においても、促進区域の指定と公募を実施することを機会に、中長期の公募計画を定め、事前に公表することで事業の予見性を高めるべきと考えるがいかがか。

 質疑の詳細はこちらをご覧ください。

3月11日 東日本大震災八周年 千葉県・旭市合同追悼式

 東日本大震災の発生から8年を迎え、今年も千葉県と旭市による合同追悼式が旭市「いいおかユートピアセンター」で行われました。
 旭市では、津波などで14名の方が亡くなられ、2名の方がいまだ行方不明となっています。
 追悼式では森田知事、旭市の明智市長が追悼の言葉を述べられ、震災の起きた午後2時46分に黙とうが行われました。また、地元の「あさひ少年少女合唱団」が童謡「故郷」を歌いました。
 富田も亡くなられた方を偲び、祭壇に花を手向けさせていただきました。 

3月9日 伊藤ひろし 総決起大会 習志野市

 習志野市議会議員を3期12年務められ、4月の県議会議員選挙に初挑戦される伊藤ひろし氏の総決起大会に習志野市議団と出席し、激励の言葉を述べせていただきました。
 

3月7日 全日本トラック事業政治連盟 春季懇親パーティー

 都内で開催された 日本トラック事業政治連盟 春季懇親パーティーに、山口代表、衆・参公明党議員らと出席し、ご挨拶と、小幡鋹伸会長らと親しく懇談をさせていただきました。
 

3月6日 松戸市・ふじい弘之県議会議員 時局講演会

 
     
 
 松戸市で開催された ふじい弘之県議会議員 時局講演会「松戸ビクトリーフォーラム2019」に出席し、ふじい弘之県議会議員の数々の実績と、公明党の国と地方のネットワーク力の強さを紹介し、参加していただいた皆様に統一地方選での公明党勝利を訴えました。
  

3月5日 児童虐待防止・社会的養護検討プロジェクトチーム合同会議  

 公明党児童虐待防止・社会的養護検討プロジェクトチームは、厚生労働省から「児童福祉法及び児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律案」について 説明を受けました。改正案は親による体罰禁止の法案化などが柱となり、厚労省側から、公明党からの緊急提言の内容をしっかり盛り込んだと伝えられました。

 議論の中で富田は、悪質な事案に対応できるよう、児童相談所への警察関係者の効果的な配置などを進める事、さらに2月28日に政府が定めた虐待対応の新ルールを巡り、虐待の恐れがある子どもが連続して7日以上欠席した場合、学校が児相などに情報提供するルールについて教育再生実行会議での議論をふまえ、「不登校の子どもに十分配慮を」と発言し、理解を求めました。

 3月6日公明新聞記事(赤線箇所が富田の発言となります

3月3日 八千代市・横山ひであき県議会議員 時局講演会

   ↑横山ひであき県議会議員 ↑石田祝稔政調会長 
   
 ↑服部友則八千代市長  ↑小林鷹之衆議院議員  ↑豊田俊郎参議院議員
   
 
 八千代市・横山ひであき県議会議員の時局講演会に、公明党から石田祝稔政務調査会長、自民党・小林鷹之衆議院議員、豊田俊郎参議院議員、服部友則八千代市長にご参加いただきました。
 石田政調会長は、UR賃貸住宅の修繕に伴う居住者負担の軽減策は公明党の協力な推進によって実現した事を紹介し、地方と国が一体となって政策を実現できるのが公明党だと力説、お集まりいただいた皆様に絶大な支援を訴えました。
 横山ひであき県議会議員は、東葉高速鉄道の運賃値下げや、幅広い世代に対応した医療の充実に取り組んでいく事を語り、皆様からの熱いご期待にお応えするためにも更なる努力をし、全力で働き続けると決意を述べました。

3月3日 国道464号北千葉道路(成田市船形~押畑)開通式  

 国交省と千葉県は、成田空港へのアクセス強化や交通渋滞緩和のため国道464号北千葉道路(印西市若萩~成田市大山)の整備を進めています。
 このうち成田市船形から押畑間の暫定2車線が完成し、3月3日に行われた開通式典に参加をさせていただきました。
 成田市立美郷台小学校で行われた式典には、森田健作 千葉県知事、小泉一成・成田市長ら約100名が参加。富田も祝辞を述べさせていただきました。
 式典終了後、関係者は道路に移動し、テープカット・くす玉割りのセレモニー行い、午後3時の開通後は一般車両が次々と走行していきました。

2月27日 川名ひろあき後援会 総決起大会 君津市 

 君津市民文化ホールで開催された「自民党県議会議員川名ひろあき後援会総決起大会」に出席し、激励の言葉を述べさせていただきました。
 

2月26日 外務省主催 日本国際漫画賞 授賞式  

 外務省飯倉公館で開催された「第12回 日本国際漫画賞授賞式」に参加してまいりました。
 日本国際漫画賞は、外務省主催で毎年、海外への漫画文化の普及と国際文化交流に貢献した漫画作家を選考し、表彰を行っています。
 今年は68の国、地域から331作品の応募があり、里中満知子審査委員長はじめ審査委員が審査を行い、選ばれた受賞作15作品に対し、実行委員長の河野太郎大臣から表彰がされました。

2月26日 LITALICO長谷川社長講演 党教育改革推進本部 

 
 公明党教育改革推進本部は、「教育から就労 障害のない社会をめざす」株式会社LITALICOの長谷川敦弥社長をお招きし、発達障がいの子どもたちへの教育支援、就労支援について講演をしていただきました。
 LITALICOは、幼児から高校生までを対象とした学習教室を全国で展開。1人ひとりの得意や苦手を見つけ、それぞれの特性に応じた指導をしながら、学習・生活面での支援を行っています。
 長谷川社長は、発達障がい者らが、社会でより活躍するには、それぞれの特性を生かしていく事が重要だと指摘。それには、教育の場で子どもの多様な特性を見つけ、それを生かし、うまく活躍の場と結びつけていく事が大切だと力説されました。

2月23日 二階怜子さんを偲ぶ会

 
 昨年12月に御逝去された、自民党・二階俊博幹事長の御令室・怜子さんを偲ぶ会が、和歌山県 御坊市で営まれ、故人を偲び献花をさせていただきました。
  

2月17日 三沢さとし総決起大会 館山市

 
 館山市商工会館で行われた 県議会議員三沢さとし後援会主催の総決起大会に出席し、激励のご挨拶を述べさせていただきました。  

2月16日・22日 宮本タイスケ後援会 事務所開き・総決起大会

↓16日 事務所開き    
 
↓22日 総決起大会 習志野市民会館    
     
     
 16日、4月投開票の習志野市長選挙に3期目の挑戦を表明された宮本泰介市長の後援会事務所開きに、公明党習志野市議団と出席。宮本市長に推薦状をお渡ししました。また、22日に習志野市民会館で総決起大会が行われ、激励の言葉を述べさせていただきました。
   

2月14日 香港経済貿易代表部 春節レセプション

 
首席代表 翁佩雯氏(中央女性)
 
 香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部(香港経済貿易代表部)主催の「香港春節レセプション2019」にお招きをいただき、山口那津男代表らと参加をしてまいりました。
 香港経済貿易代表部は、日本と香港の経済・貿易の相互理解と協力、また、文化・観光面での交流に長年尽力されてきました。
 会場は来賓、関係団体等約450名の参加者で熱気にあふれ、亥年と新年のパフォーマンス、香港の「竹韻小集」の演奏等、大変華やかな雰囲気でした。
  

2月12日 児童虐待防止・社会的養護検討プロジェクトチーム合同会議

 
 公明党児童虐待防止・社会的養護検討プロジェクトチーム・厚生労働・文部科学部会は合同会議を開き、千葉県野田市の小学4年女児の虐待死事件について政府側から説明を受けました。
 野田市の事件については、厚生労働省、文部科学省、警察庁より説明を受け、山本香苗PT座長は、学校と児童相談所の連携等に問題があったことを指摘し、今後、児童相談所を所管する厚生労働省、学校を所管する文部科学省が連携し検証作業などを行っていくべきと伝えました。
 通常国会に提出予定の児童福祉法改正案について、公明党の主張が反映されるようプロジェクトチームとして積極的に取り組んでいく考えも示されました。
  

2月8日 習志野青年会議所 2019年度新年例会

 
↑戸嶋穂高 理事長
 
 千葉市内で開催された習志野青年会議所2019年度新年例会に参加をし、ご挨拶をさせていただきました。
 習志野青年会議所は2012年に公益社団法人格を取得し、7年目を迎える2019年度は「みらいの為の仲間づくり」「「誇りをもって継承できる今を整えよう」等の運動方針が掲げられています。
 新年例会では、戸嶋穂高理事長のもと五十周年に向け積極的な運動を展開していく事が発表されました。
 

2月4日 北前船寄港地フォーラム 平成31年新春の会

     
↑浜田健一郎 理事長 ↑石川好 評議員議長
 
 都内で開催された 北前船交流拡大機構及び北前船寄港地フォーラム 平成31年新春の会に参加をしてまいりました。始めに浜田健一郎北前船交流拡大機構理事長の開会の挨拶が行われ、石川好評議員議長の挨拶、宮元陸加賀市長の挨拶の後、富田も挨拶をさせていただきました。
 北前船交流拡大機構は、北前船寄港地の38自治体と連携し、積極的に交流促進事業を展開されています。同機構は4日に記者会見を開き、2019年は計4回フォーラムを開催する事と、鶴岡市を含む7市町を日本遺産の追加認定に向け申請したことを発表しました。   

Tou Tube 富田茂之チャンネル
Tou Tube 公明党チャンネル
公明党
公明党青年委員会
公明党女性委員会